« October 2005 | Main | January 2006 »

November 2005

田臥くん、続報(その2)

アルバカーキーに所属することになって、今季はそこでプレーしながらNBAにスカウトされるのを待つのだと思っていた私。

ところが違うみたいで、今、16~17人でチームになっているんだけど、この一週間で10人に絞られるらしい。
本人も公式HPで言ってるけど、まだまだ厳しいサバイバルが続くみたい。

でも常にそういう厳しい状況でも(そういう状況だからこそ?)、前に向かって進んでいく彼だし、そんな彼の姿はきっと次世代・その先のバスケ少年・少女に夢を与えるだろうし。
とにかく、まずこの一週間!頑張って生き残って欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田臥くん、続報

今日、ネットでみていたら、田臥くんがNBA下部組織に入ったという情報を見た。
去年・一昨年とABAロングビーチジャムだったけど、今年は違う組織らしい。
ネットのニュースではNBAマイナーリーグの中では一番、NBAに近い組織と書いてあったけど、本当のところはどうなんだろう?

でもとにかく彼の今後が決まって嬉しい。
前向きで頑張る彼だから、きっと何処でも一生懸命プレーすると思うし、その姿をこれからも応援していきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田臥くん、解雇

ずっと情報チェックしていたけど、とうとう今日、田臥くんがクリッパーズを解雇されてしまった。
今回はギャランティーされてなかったし、最初から厳しい状況だったから仕方がないんだけど、ギリギリまで残ってたから『ひょっとして!?』とかすかな期待をしていたので、残念。

それでも毎日自分に出来る精一杯のプレーをしていた彼はすごい!
今後、彼が活躍できる舞台があることを祈って、これからも彼の情報をチェックしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファミリーサポート

何処の地域にもあるとおもう「ファミリーサポート」。
その名の通り、子育て中のママをサポートしてくれるのだ。
自分が病気の時やリフレッシュしたい時など、援助してくれる人に預かってもらうシステム。
援助してくれる人は保育士とかプロじゃないけど、講習を受けた人たち。
私も引越ししてきてから色々考えたんだけど、自分が病気になったときとか、やっぱり子供の面倒見てもらう人がほしかったから、随分前に登録だけした。

そして最近、緊急の用事が出来たからはじめて娘を預けてみた。
私の担当として紹介してもらった人は30代の人で、自身も小学生の女の子のお母さん。
そしてネコを2匹飼っている人。

最初はどんな人だろう?ってドキドキしたけど、すっごくイイ人で安心した!
とっても子供を見る目が優しくて、私にもいろんなこと教えてくれて。
なんだか理想のお母さんだなぁって感じ。

今日も午前中に2時間、預かってもらうことにしたんだけど、最初の1時間は私も一緒にいて、娘がどんな様子なのかみてたんだけど、娘はすっごく楽しそうにイキイキしてた。
そこにはネコも2匹いるんだけど、どっちもすごく大人しい。
きっと飼い主さんが優しいから、ネコも優しくなるんだね。
娘は動物大好きだから大喜び!

そして私自身もいろんな話を聞いてもらったり、教えてもらったり。
引っ越してきていろんな出会いがあったけれど、この出会いが一番いい出会いだったんじゃないかって思う。
友達じゃないけれど、安心して娘を預かってもらえる場所があるっていうのはすごく心強い。

娘もすっかりその人になついちゃって、お昼前に帰る予定だったのに嫌がって全然帰れなかった。
今回で2回目なんだけど、毎回ここの家に行って話をしたりすると、すごく気分がよくなって、親子共々楽しく帰ってこられる。
本当、紹介してもらえたのが素敵な人でよかった☆
私もあんな人になりたいな~。
そのためにはもう少し、心に余裕をもたないとね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

娘が夜泣きした夢とは…?

昨日の夜から明け方にかけて、娘は何度も泣きながら目を覚ました。
大体30分~1時間おきに「ママー」と泣きながら目を覚ます。
目を覚ますというより、寝ぼけてるような感じだったけど、そういう場合は大抵抱きしめて眠るとそのまま寝付く。

そうして何度か夜泣きした後、フッと私は目が覚めた。
時間を見たらAM3:00。
前の夜泣きから30分経っていた。
また娘が泣いているのかと思ったけど、娘は泣いてなかった。
でも、寝ている娘の様子が変。
なんだかヒックヒックとひきつけとまではいかないけど、普通の呼吸ではなかった。

最初様子をみてたけど、段々心配になってきて、娘の身体をゆすって声をかけてみた。
「どうしたの?」と声をかけると、娘は泣きながら
「アンパンマン、アンパンマン」と、言う。
「アンパンマンがどうしたの?」と私が身体をさすりながら聞くと、娘は何故かそのまま正しい寝息を立てて眠りについた。

一体これはなんだったんだろう…?
娘はアンパンマンの夢で泣いていたのだろうか?
それもひきつくほど怖い夢を見ていたのだろうか?
結局私はその後も眠れず、何度も目を覚まして娘の様子を見ていたけど、娘は一度も目を覚まさなかった。

そして朝、いつもの時間に娘はいつものように起きた。
いつもと同じ…それ以上かな?元気一杯で旦那に甘えている。
旦那も夜のことは、まっっったく知らないから、二人で朝から楽しそうに遊んでる。
なんだかそれをみてたら段々イライラしてきた。
私は本当に心配で心配で、何でこんなに夜泣きしてるのかと気をもんでいたのに、旦那は起こしてもグースカ寝てたし、娘は朝起きたら元気いっぱい。
こんなんで「夜、こんなことがあってね…」なんて話しても真剣に聞いてもらえず…。

そりゃ何事もなくてよかったけど、なんだか私一人で気をもんで馬鹿みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | January 2006 »