« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

帰ってこない

夜8時過ぎ、旦那から電話があった。
「あれ?今日は早いのかな?」と思って電話に出たけど、旦那から予想外のことを言われた。
「今日は遅くなる…ひょっとして泊りかも…」

こういうとき、正直に「えぇ~!?」と思わず言ってしまう。
最近、どうやら仕事が一段と忙しいらしい。
週末はここんとこ連続して土曜出勤だし、平日も帰りが遅い。
そしてとうとう帰ってこられない事態…。

冷静に考えれば、終電ギリギリまで仕事して、それから約1時間かけて家に帰ってきて、それから眠るより、職場近くでカプセルホテルに泊まったほうが旦那の身体はラクなのかもしれない。
でもやっぱり、帰って来て旦那の顔を見たほうが安心は出来るから、出来るなら帰ってきて欲しいのよね。
最近、本当に忙しそうだから心配なのです…。

とはいえ、帰ってこられないものは仕方がない。
案の定、12時過ぎてから電話がかかってきて「帰れません」とのこと。
この分、明日は早く帰ってこられるといいんだけど…無理だろうなぁ。
せめて今週は土曜出勤じゃないことを祈るよ、本当に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好み

朝、公園に行こうと思って支度をしていて、娘に「じゃあ最後に靴下履いて、公園行こうか」と言って、娘を靴下の入れてある衣装ケースのところへ連れて行った。
そこで靴下を1足出して、「今日はこれ履こうか」と娘に差し出したら、娘はそれを受け取らず、自分で衣装ケースの中から靴下を1足出して「これ!」と。

どうやら娘は好みというのが出てきたみたいで、一番最初にこだわりを見せたのは靴だった。
今年に入ってから娘の靴が小さくなったのに気づいて、靴を新調したりもらったりして、娘が今履ける靴は3足ある。
でも娘は一番お気に入りが決まっていて、最初はその1足(赤い靴)しか履いてくれなかった。
他の靴(ピンク・青)を勧めても頑としてきいてくれないから、それだったら…と、我が家の玄関には今娘の靴3足並べてあって、毎回外出するたびに「今日はどれにする?」と聞くことにしている。
すると不思議なもので、あんなに頑としてお気に入りしか履かなかった娘が、時々「ピンク」とか言って、他の靴も履くようになった。

そんなこだわりは靴だけかと思っていたのに、どうやら靴下にも好みが出てきたみたい。
そういえば眠る時には欠かせないハンドタオルも気がついたらお気に入りが何枚か決まっていた。
たくさんあるのに、お気に入りはほんの数枚なんだよね。
きっとこれから服もそうなっていくんだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グーチョコランタンコンサート

今日は神奈川県民ホールで行われる、NHKおかあさんといっしょの「グーチョコランタンコンサート」に行ってきた。
娘はグーチョコのキャラクターが大好きだし、歌も大好きだから喜ぶだろうと軽い気持ちでチケットを取ったのだけれど、この県民ホール、結構遠かった。

最初、現地まで車で行く予定だったけど、4時からのコンサートだからお昼に出発したら、家を出てすぐに渋滞。
しばらく耐えたけど、あまりに渋滞から抜け出せないので断念して電車で行くことにした。

県民ホールは山下公園近くにあって、時間もあったから少し散策。
そしていよいよ県民ホールに到着。
コンサートの時間は約1時間。
今回の歌のおにいさんは坂田修おにいさんで、私はおさむお兄さんが歌のお兄さんしてた時代は知らないんだけど、この人の作った歌は結構好き。
「たんぽぽ団にはいろう」とか「公園にいきましょう」とか「風のおはなし」などなど…。
この人があの歌を作ったんだ~って思うと、なんだか不思議な気分だった。
肝心の娘は大興奮!というほどのはしゃぎぶりはなかったけど、それでも舞台に夢中になってかじりつき状態だった。

あっという間に1時間が過ぎて、コンサート終了。
ここまでなら「楽しかったね~♪」で終わるんだけど、そうはいかなかった。

というのも、今回車を断念して電車で来てしまったのが運のつき。
おまけに普段2時間昼寝する娘が30分しかしてなかったというのも、不運。
眠気のピークなんだけど興奮して眠れない娘は電車で大騒動。
行きと同様、おもちゃや絵本、果てはジュースやお菓子でご機嫌伺い。

この帰りの電車は本当に大変だったんだけれど、これもある程度予想済み。
というか、行きが問題なかったほうが奇跡だと思う。
滅多に乗らない電車だし、こればっかりは仕方がないよね。
それに大騒動したけれど、それでも娘にしてはマシな方だったと思うし。

そんな娘は帰ってきてご飯食べて、お風呂入って、速攻眠ってしまった。
やっぱり眠かったし、疲れたんだね~。
今ごろ夢の中でグーチョコのみんなと遊んでたりするのかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祖父母の呼び方

先週1週間、実家に行ってきた。
土曜日に旦那の実家で1泊。残り1週間を私の実家で過ごした。
旦那の実家ではおじいちゃん、おばあちゃんがたくさん娘と遊んでくれて、娘も私や旦那よりも「おじいちゃん、おばあちゃん♪」とおおはしゃぎ。
大興奮の1泊2日だった。

私の実家では残念ながら色々バタバタしたり、娘が鼻水ひどい状態になったりで、あんまり遊んだりは出来なかったんだけど、それでも娘は私の両親に会えたことで満足したみたい。

そんな娘の言葉で感心したのが、双方のおじいちゃん、おばあちゃんの呼び方。
私の両親に関しては娘が生まれてからずっと「おじじ・おばば」と言ってたせいか、そのまま「おじじ・おばば」と言う。
旦那側の両親は「おじいちゃん・おばあちゃん」という。
使い分けをするつもりじゃなかったのに、気がついたらこうなっていたのは感心した。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

早くも出産準備?

今週末から1週間、実家に帰ることになった。
旦那の両親から「暖かくなったら遊びにおいで」と言われていたので、どうせ行くならついでに自分の実家で羽をのばしてこようというわけ。

1週間いるのは私と娘だけで、旦那は日曜日に一人神奈川へもどってくる。
そしてサコは約2日間のお留守番。
それが一番気になるところだけど、ものすごく寒い季節でもないし、1泊なら過去何回か経験あるから、大丈夫だろう。
かわいそうな気もするけど、旦那が帰ってきたらいっぱい遊んでもらってね。

さて、折角実家に行くわけだから、コレを機に荷物を持っていこうと思った。
次に実家へ戻るのはGW。
私と娘はそのままお盆まで滞在するから、神奈川には戻ってこない。
荷物はその時でもいいかって思ってたんだけど、GWの帰省ではサコもいるから結構場所をとる。
今回はサコがいないから荷物がたくさん載るから、だったら今回運べるものは運んでしまおうってわけ。

早速荷物をダンボールに詰める。
荷物と言っても着替えがほとんど。
考えてみたら赤ちゃんのものだけじゃなくて、私と娘の夏服も持っていかなくてはいけないわけだから、結構大荷物。

私のものはいいんだけど、娘の去年の夏服は…今年着られるのかなぁ?
サイズ90のものがほとんど。
今現在が90で少し小さいかな?ってところだからダメかもね。
本当、大きくなるのあっという間だなぁ。
特にうちの娘はよく「大きい」と言われるからかもしれないけど。
でも私は身体が大きいわけじゃなくて顔が大きいから大きく見えるだけだと思ってるんだけど。(笑)
だって身長・体重計ってもそれほど大きな数値じゃないし。

そして娘が新生児の頃使っていた肌着も押入れの奥から出してきた。
それが小さくてなんだかビックリ。
娘もこんなに小さかったんだなぁ。

しかし、白の肌着がどれも黄ばんでる。
娘は母乳の吐きこぼしがひどかったから…、どれもシミになってしまっているのだ。(笑)
なんだかちょっと懐かしい。

でも娘は冬生まれ。今回は夏生まれ。
娘の時は暖かい素材の肌着や服を買っていたから、意外に使えるものが少なかった。
二人目だからってなんでも使いまわせるわけじゃないんだね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読み終わった

ざっとだけど、『白夜行』読み終わった。
終わってまず思ったのは「これはドラマを見る前に読むべきだった」。

というのも小説はストーリーの構成として、最後に謎が解き明かされる形になっているのに、ドラマでは第1話でそれがはっきりしてしまっているのだ。
この小説はドラマを見ずに真っ白な状態で読めば、また感想がかわったのかもしれない。
原作のファンも多いし、きっとすごくいい作品なんだろうけど、私はあんまり好きになれなかった。

もともと私はベストセラーとかって苦手。
先入観が働くのかな?それともただ単にひにくれものなのか、そういう作品って面白いと思えないのだ。
ドラマの原作も同じ。
特にドラマ原作の場合は、先にドラマを見てしまうとどうしてもドラマと比較してしまうので、純粋に楽しめない。

…だったら白夜行も買わなければいいのに。(笑)
自分でもそう思うんだけど、なぜか今回買ってしまった。
きっとドラマの原作本を買うのはこれが最初で最後になるだろう。

ただ、あらためてドラマの脚本はすごいなって思った。
この分厚く、中身の濃い内容を、ドラマは上手くまとめて構成したなって思う。
原作より心情面もハッキリと描写してるし、ストーリーもわかりやすい。
もちろん、原作はハッキリ描写しないことによって、いろんな解釈の仕方もできるようにしてあるんだろうけど、私は原作よりドラマの方が好きだな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

賞味期限切れ

昨日、夕食を作る時に、料理酒を使おうとしたら…賞味期限が前日までだった。
まぁ1日くらいいいかって思って使ったんだけど、ここ最近、賞味期限切れが続出している。

もともと卵とかヨーグルトとかよくやらかしちゃうんだけど、最近は調味料の賞味期限切れが続々。
料理酒・サラダ油・みりん…。

これってそれだけ私が料理をやっていないということなんだろうか…。
調味料の賞味期限なんてよっぽどじゃないと切れないよね?
今までだって使い切ったことはあっても、賞味期限切らしたことなんてはじめてだよ。
ちょっと反省。

私は本当に料理が苦手で、ワンパターン。
特に娘の卵アレルギーが発覚してからは、もともと少ないレパートリーが更に減って、しかも好き嫌いが激しい娘に合わせて、ついついカレーとかしょっちゅう作っちゃうんだけど、同じ物が何度続いても、娘も旦那も文句言わず食べてくれる。

娘に関しては、どちらかというと娘が食べそうなメニューを作っているんだから、まぁおいといて、旦那は仕事で疲れて帰ってくるのに、毎度ワンパターンな食事食べさせられて文句いわないんだから、本当に感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

また眠れなかった

昨日の夜、例によって娘を寝かしつけていたら、揃って全員眠ってしまった。
気がついたのは夜中の1時半。
慌てて旦那を起こして、そこから3時過ぎまで起きていた。
…というのも、サコをケージから出してあげてなかったから、外に出してあげたのだ。
最近、週末はこんなことが多い。
本当にごめんよ、サコ。

そして3時に眠りにつこうと布団に入ったんだけど、全然眠れなかった。
いっそ起きようかと思ったんだけど、いつか眠りにつけるんじゃないかと思って、そのまま布団の中に入ったまま…気がついたら6時になっていた。
こんなことなら起きて白夜行読めばよかったよ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレゼント

以前から旦那に「プレゼントは何がいい?」と聞かれてたけど、特に欲しいものがなかった。
…それに最近、車をぶつけてしまった手前、もうしわけなくて贅沢も言う気にならない。
そこで旦那から「じゃあ携帯の機種変更する?」と提案があった。

私の携帯は使ってもう1年以上になる。
部品が取れてしまった部分もあり、しょっちゅう落とすから傷も相当なもの。
そんなわけで、機種変更することにした。

旦那と一緒におそろいで変更する予定が、旦那は一度娘に携帯を壊されて(道中、娘が携帯を道路に落として、タイミング悪く車に轢かれた)機種変してからまだ10ヶ月経っていなくて、金額が跳ね上がるので断念。
私一人、機種変更した。
FOMAのN701i。
私はあんまり携帯の機能とかこだわらないから、お財布ケータイとか興味ないし、シンプルな形が気に入った。

もう一つ、誕生日プレゼント。
それは旦那の会社から毎年送られてくる、嬉しいシステム。
例年は花を贈られるんだけど、今年は図書カード。
去年までは花もらって喜んでたんだけど、今年は花を飾る場所がないので、図書カードは嬉しい♪

早速、本屋さんに行って本を購入。
買ったのは

 ・白夜行
 ・ももこの21世紀日記 N’05

の2冊。
『ももこの21世紀日記』は、毎年この時期に出る、さくらももこの絵日記風エッセイ。
もとは携帯で見られるサイトで公表されるエッセイに、絵を書き下ろして発売しているらしい。
私は携帯サイトはみてないので、毎年本を購入している。
さくらももこのエッセイは笑える、納得する、時々感心したりもするで、結構何冊か読んでいる。
エッセイ本ってそんなに読むタイプじゃないんだけど(というか、さくらももこ以外では買わない)、さくらももこのは好き。

白夜行はご存知、ドラマの原作。
文庫で買ったんだけど、ものすごく分厚い。
私は今まで、どんなにドラマがよくても原作を買うことは一度もなかった。
なんとなくドラマで知ってしまったストーリーを、原作で読み返す気にはなれなかったのだ。

でも今回、百夜行は無性に原作が読みたくなってしまった。
ドラマでは主役二人が色々絡んでいるのに、原作では二人のシーンが書かれていないと聞いたからだ。
じゃあ原作はどうやって話が展開していくのか?…すごく気になってしまって、今回買ってしまった。

しかし、こんな分厚い本を読むの久しぶり。
読みきれるかなぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三十路

とうとうこの日を迎えた。
…正式には昨日なんだけど、20代に別れを告げて、30代に突入した。
周りから「三十路にはなりたくないよ~」って言われることも多くて、どんな気分なんだろう?って思ってたけど、なってみたら意外になんてことのない。(強がりに聞こえるだろうか?)
娘を出産するまではミニスカート履いたり、結構若ぶってた私。(笑)
今でも時々、買い物の途中で可愛い服みつけたりすると、「いいな~、あの服。もう5年若ければなぁ」なんて思う時もあるけれど、今は今で充実してる。

なんだか自然に年をとったんだなぁ~って実感する。
女はよく年をとることに抵抗があるとか言われるけど、不思議と私は年をとることに抵抗を感じない。
ただ、もう少し(もっと?)精神的に成長できていればなぁとは思うんだけれど。

いつの時代もそうなんだけど、この年齢ってもっと大人に感じるって思っていても、自分がその年齢になると全然大人じゃないんだよね。
小学生の頃は中学生が大人に感じ、中学生の頃は高校生。
高校生の頃は社会人、社会人になればさらに年上の人…。
自分より上の人を見ると、「大人だなぁ」っていっつも思うんだけど、自分がその年齢になると全然大人になってないの。
これって私だけかな!?
きっと精神的に大人になれるかどうかって、年を重ねるというより、もって生まれた性格の問題かもね。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おひなさま

娘の雛人形、去年はちゃんと飾ったんだけど、今年はアパートに置き場がないので実家に置いてきたため飾れない。
実家では母親が飾り方わからないし、一人じゃ大変ということで、今年は押入れに入ったまま。
とっても可愛い雛人形だから、飾れないのは残念。
来年はこの時期に帰省して飾ろうかな?

さて、毎日行くスーパーには立派な7段飾りの雛人形が飾ってある。
娘はどうやら気に入っているみたいで、毎日買い物行くとお雛様の前に行って「おひさま」って言っている。

そんな娘に、今年はこんな飾りを用意してみた。

200603031259 NHK教育で放送されている『おじゃる丸』のおじゃるとおかめ姫。
これは今、CCレモンを買うとついてくるフィギュアなのだ。
私が買った時にはおじゃるがついてきて、旦那が買ってきたときは偶然おかめ姫だったから、それならこれを今年のおひなさまがわりにしよう!…と。(笑)

これはこれで、娘は『おじゃる丸』のキャラクター好きみたいだから(キャラクターには興味あってもアニメストーリーには興味がない)、喜んでるみたい。
でも来年はもうちょっとなんとかしよう!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『あかま』の謎、判明!

まず、昨日へこみにへこみまくった車の件。
今日、朝一でディーラーに持っていって見てもらったんだけど、修理というよりバンパー交換になるとのこと。
でもそれほど大きな傷じゃないし、割れた箇所もさびるわけじゃないからこのまま乗っても大丈夫ですよ…と、ディーラーの人に言われた。

というのも、せっかくバンパー交換して直しても、またぶつけてしまったらもったいないとのことなのだ。
もうぶつけない!…と言い切れない自信があるので、結局修理交換せず、傷があるまま乗り続けることにした。

200603021032 これが傷の箇所。
確かにそれほど大きな傷ではないけど、新車だと思うとやっぱりへこむなぁ~…。

さて、ディーラーから一度家に戻ってきたんだけど、娘はなんだか眠たさそう。
でも時間はまだAM10:30!寝るには早いでしょう。
そこで「お買い物に行く?」と声をかけたら喜んで返事した。
そして玄関に走っていって発した娘の一言

「あかまっ♪あかまっ」

このとき、私はやっとこの『あかま』の意味を理解できたのだ。
実は数日前から娘はやたらと『あかま』を連呼して、私が理解できないっていうと大泣きしていたのだ。
何を意味しているんだろう?って思っていたんだけど、やっと判明!
『お買い物』だったんだね☆

娘の言葉はなかなか分かりにくいものがある。
【ぱんつぱんくろう】が『かんぱぁや』だったり、【おやすみなさい】が『お・す・す・み・しゃい』だったり。
大抵は理解できても『あかま』だけはどうしても謎だったのだ。
わかってすっきりしたー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やってしまった

雨だから、車でスーパーへ買い物に行った。
そして帰ってきて駐車場に車を入れようと思ったところ、いつも止まっていない左隣のスペースに車がとまっていた。

雨が降っていることもあって、慎重に隣を気にしつつバック、バック、バック…ゴンッ!!

隣を気にするあまり、後ろをおろそかにして、駐車場のブロックにぶつかってしまった。
しかもブロックは低い高さなもんだから、ちょうどブロックの角がバンパーあたりに当たった。
すぐに車から降りて後ろを確認…。
バンパーのあたりにへこみ、そして下のほうが割れていた。

すぐに旦那に電話して事情説明。
すぐ直してこいと言われて、今度はトヨタのディーラーに電話。
今日すぐに行ってもよかったんだけど、娘が眠気のピークだったし、明日の朝一で行くことにした。

それにしてもまだ新車なのに~…。
おまけに車にはちゃんとバックモニターがついているのに、見なけりゃ意味ないじゃん、私ったら。
情けない…。
修理、いくらかかるかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »