« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

あと一ヵ月

予定日まであと一ヵ月になった。
赤ちゃんは約2500g。順調に成長してるみたい。
三月末から早産の危険があったけど、なんとかここまでとどまってくれた。
そして今週末から正産期にはいるから、ずっと飲み続けた張り止めの薬も今週末でおしまい。

だんだんと出産が近づいてきてるんだけど、私はすっかり陣痛がどんな痛みだったか、出産までの経過とかわすれちゃっている。
娘の時で覚えてるのは、なかなか破水しなかったこと。
今回はどうなるかわかんないけど、できれば出産に間に合うように旦那が神奈川から駆け付けてくれたらいいな〜。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

またまた転落

火曜の午後。
娘は上機嫌で幼稚園から帰ってきた。
そして勢いよく階段を昇った直後、私の油断から娘は階段の一番上から下まで転落してしまった。

娘の転落は前にも公園の滑り台であった。
今回はそれと比べものにならない高さと勢いで落ちていった。
家の階段はフローリングでしかも階段に滑り止めもなにもしてないから、すべての段が鋭い角になっているのだ。
そんな階段をゴロンゴロンと娘は二回転くらいして、下に落ちた。直後に娘は大号泣したけど、意識があり、号泣したことに私はまずホッとした。

とりあえず目に見える出血なし、外傷もなし。
娘が少し泣き止んでから、病院に駆け込んだ。
脳神経外科でCTとレントゲンを撮って、診察してもらったところ、骨も頭のなかの出血もなかった。
それから全身を簡単に見たら、背中がけっこう派手な擦り傷になってた。
脳外の先生が「念のため、整形外科でもみてもらいましょうか」と言ってくれたので、そのまま整形外科にもまわった。

整形外科の先生からは、見るからに大丈夫そうだから、大丈夫!…と、あっさり言われて、診察終了。
とりあえず、現段階で異常がないことに一安心。
脳外の先生からも、一日様子みて、変化がなければ大丈夫と言われた。

あれから三日。
目の前で娘を転落させてしまった私。
今でも階段降りるたび、ふとした瞬間など、その時の娘の姿がよみがえる。
それは本当に恐い瞬間で、そんなに激しい衝撃だったのに、無傷に近い状態だった娘の頑丈さと、運の強さに本当に感謝した。
そして、私の不注意から娘をそんな危険な目にあわせたことを、心から申し訳なく思った。

娘はまったく変化なく、元気で食欲もたっぷり。
当日も直後は血の気ひいた顔してたけど、すべての診察が終わる頃には元気になってた。
その娘の明るさに、私は本当に救われた。

成長するにつれ、どんどん危険なことも増えてきた。
娘の場合はその都度、心配することが多いけど、毎回無事ですむ体の頑丈さと運の強さ感謝してる。
もちろん、今後こんなことがないように気を付けるのが一番なんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一週間経過して

幼稚園に通いだして一週間経過した。
娘はすっかり慣れたらしく、飛び跳ねたり、ワガママ言ったりしてるらしい。

それでも朝はどうしてもさみしいらしく、出かける直前になると「ママも行く。ママいっしょ」と大泣きする。
そんな娘の様子はかわいらしく、そうやって泣いてくれるのはあとどのくらいかな?と思った。
もう少ししたら、ケロッとして「ママ、バイバイ」なんて言うんだろうな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短期幼稚園

実家にいる間、娘を近所の幼稚園に入れることにした。
私は安静中だし、産後もなかなか連れ出したり出来ないから、それなら幼稚園で他の子と遊んだりしたら、刺激になったりいい機会なんじゃないかと思って、三ヵ月間通園することにした。

今日がその初日だったんだけど、近所だけど歩いてはいけない距離だから、私の母が車で送り迎え。
いつも一緒の私が一緒に車に乗らないから、その時点で娘は大泣き。
私もこんな形で娘と長時間離れたことないから、今どうしてるかな?と、気になってしょうがない。

母親が3:30に娘を迎えに行って、幼稚園の先生に話を聞いたら、最初の一時間は大泣きだったけど、それ以降はイイ子にしてたとのこと。
お昼寝もできないんじゃないかと思ってたけど、ちゃんと眠ったらしい。

どうなるか心配したけど、どうやら大丈夫みたい。
まだ本領発揮まではいかないけど、数日経ったらすっかり慣れてくれるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大騒ぎのGW

娘が待ち焦がれたパパは、仕事の都合で30日の夜中に私の実家に着いた。
二週間ぶりのパパに娘は大喜び。
ず〜っとパパにべったり。そして久しぶりの外遊びも楽しそう。

そして、5/3から二泊三日で旦那の実家に泊りに行ったんだけど、これまた大はしゃぎ。
一日目は大好きなおじいちゃんとず〜っと遊んで、二日目は一歳年上の従姉と遊んだ。
あまりに興奮しているせいか、いつも必ず昼寝する娘が二日連続昼寝なし!
おまけに夜も10:30まで騒ぎ続けた。

大興奮の二泊三日を過ごした娘は、さすがに疲れたのか、私の実家に帰ってきてすぐ昼寝。
二時間寝た後も何だか眠たさそう。
そして9:00頃、就寝についたので、私はお風呂に入った。

すると、バタバタっと足音が聞こえたから、娘が起きたのかと思ったら、旦那が娘を抱えて私のところへ連れてきた。
「娘がいきなり吐いた!」

これには私もビックリしたけど、とにかく汚れた服を着せ替えて、口をすすがせた。
旦那はその間に汚れてしまった布団まわりの掃除。

一通りすませて、再び娘を寝かせた。
ぐったりしてる様子もないし、熱もないから、あまりに興奮した日々が続いて、体が疲れたせいかな?って軽く考えていたら、12:00頃にまた吐いた。

今まで過去に一回しか娘は吐いたことないから、一日に二度続いてしまって、さすがに心配になってきた。血の気も引いてるみたいだし、大丈夫かな?朝には病院に連れて行こう。って思っていたんだけど、朝起きた娘は元気そのものだった。

拍子抜けしたけど、これで一安心。
でも、今夜旦那は神奈川へ帰ってしまうので、娘はまた泣くんだろうな。
とにかく今回は、バタバタ大騒ぎのGWだったな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »