« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

とうとう…

金曜の夜、どうにも身体の調子がおかしいと思って、熱を計ったら38.5度。
とうとう私も本格的な風邪に突入してしまった。
その時、時間は夜中の1時。
子供二人寝てるし、今のうちに緊急外来に駆け込もうか…と思って問い合わせたら、うちから車で30分かかる場所が担当だって言われて断念。
自分で運転していくのつらいし、かといってまたタクシー飛ばせば片道4000円近くかかってしまう。
とにかく眠れないけど横になって、朝になるのを待った。

朝になって早速近くの病院へ。
はじめて行く病院だったけど、早く行ったからかさほど待たずに診察してもらえた。
このとき、症状は熱と腰痛、ちょっとお腹の調子が悪いかな?という状態。
とにかく腰の痛みがひどかった。
授乳中ということも伝えて、抗生剤・整腸剤・解熱鎮痛剤を出してもらった。

帰ってすぐに薬を飲んだけど、全然効かない。
週末だったのはせめてもの救いで、旦那に家事・育児を一切任せてダウン。
というか、本当に起き上がれなくて、つらかった。
何より熱がちっとも下がらないし、整腸剤飲んでるのに二日間、下痢しっぱなし。

それでも今朝になってようやく熱が下がり始めた。
汗をかきはじめて、お昼には37度前半に下がった。
下痢も落ち着いて、なんとか回復の兆しが見えたかな?と、一安心。

ところが!夜になって旦那から電話が入って「やばい…体調が悪い」とのこと。
帰ってきてから熱を計ったら38.5度。
二日間、家事・育児頑張って疲れちゃったのかな?
そんな中、仕事がハードで身体が堪えちゃったのかも。

今回、私が倒れたことで家族全員に迷惑かけてしまった。
まず旦那は仕事でクタクタなのに、家事・育児がずっしり肩にのしかかって大変だった。
そして長女。
折角の週末、パパと遊びたかったのに、私のせいで全然遊べず。
丸二日、DVD見っぱなしだった。
そして次女。
今回、ダウンしたことによって、病院の先生からは「授乳してもOK」とは言われたけど、ちょっと心配なこともあり、ミルクに挑戦してみた。
でももう4ヶ月。母乳だけで育ってきた次女が受け入れるはずもなく大泣き。
結局諦めて母乳をあげることにした。
でもこんな体調で薬飲んでる母乳なんて、きっと美味しくないよね。
ごめんね。
こんな時は最初から混合で育てるべきだったかな?と、ちょっと後悔してしまう。

それにしても、こんなに体調を崩したのははじめて。
初日なんてまったく食欲なくて、何も食べられなかった。
でも二日間で回復できて、本当によかった~。

だけど、旦那が…。
早く治るといいんだけど。
我が家はまだまだ風邪地獄から抜け出せそうにない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洗濯日和~!?

さて、今日の私と長女の体調は…
私は目覚めとともに激しい喉の痛みを感じたものの、それ以外は元気。熱も平熱。
一方長女は午前中は36度後半と平熱。
でも機嫌が最悪で、とにかくワガママ&かんしゃくをおこしてばかり。
多分、熱は下がっても、なんか身体の調子が悪いんだろうな~。
そして昨日同様、夕方過ぎに熱があがった。37.7度。

まぁこれくらいならお風呂は入れるかな?って思っていたところ、今度は下痢。
1回だけだったけど、お風呂入って湯冷めも怖いし、念のため今日のお風呂はやめた。
下痢、1回だけのことだといいんだけどな。

さて、今朝、某テレビ局のお天気おねえさんが「お洗濯日和」と言っていた。
風もなく天気がいいということだったのだか、外を見たらどんより曇り空。
それでも段々晴れてくるんだろうって思っていたのに…今日はほとんど晴れ間がなく、曇った一日だった。
こういうとき、ついつい「お天気おねえさんの嘘つき」と思ってしまう。
でも天気なんて同じ県内でも晴れてたり雨降ってたりするもんね。
きっと首都圏の天気に対する一言だったんだろうから、違ってもしょうがないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱、再び

今朝、長女の熱は36度台に下がった。
咳もあまりしなくなったし、あとは鼻水だけ!

一方、私は喉が完璧にやられて結構痛い。
おまけに頭痛と腰痛まで…。
これは病院に行かないとやばいかも。

そんな私を見て、旦那が「今日は会社休もうか?」と言ってくれた。
それはすごく助かる。
でも、私としては今日は頑張れる気がするけど、この様子だと明日以降もっと悪化するような気がするから、明日とか休んでくれると嬉しいな~…と言ったら
「今日は休んでも仕事の影響少ないけど、明日以降は休める保証がない」とのこと。
だったらやっぱり今日、会社休んでもらって、私は身体を休めることに専念して、意地でも今日中に回復しなくては!
ということで、旦那に会社を休んでもらった。

まずは朝一で長女の薬がなくなったから小児科へ。
そこでついでに私も診察してもらって、薬を出してもらった。

帰ってきてから薬を飲んで私は睡眠。
旦那に洗濯や長女の相手をしてもらった。
長女はパパと遊べて満足。
そしてみんなで昼寝。

一番に昼寝から目覚めたのは長女。
つられたかのように次女が大泣きで目覚め。
こうなると寝てられないから、私も起きた。
でもほぼ半日寝ていたからか、頭痛はスッキリ!
身体もすごく重かったのが、軽くなった。
今日は頑張れるって思ってたけど、結構私、身体の限界きてたのかも。
とにかく朝のだるさが嘘みたいにスッキリしたので、気分もいい。

ところが!夕方過ぎからなんだか長女の様子がおかしくなった。
なんだか人に甘えるように寄りかかってきたり、旦那には赤ちゃんみたいな抱っこを要求したり。
ひょっとして…と、旦那が熱を計ったら38度……。

しかも今までより身体がだるそう。
食欲もまったくなく、夜ご飯は一口も食べられず、ヨーグルトを口にしただけ。
ジュース類も一切飲まない。
それでも薬だけはちゃんと飲んでくれたから感謝。

でも昼間での様子ではすっかり元気になりつつあったから、明日には元気になるだろうって思っていただけにショック…。
本人もつらいんだろうな~。
でも私もいい加減、誰かしら風邪ひいて約1ヵ月続いてる看病に疲れた…。
そんな中、今日は会社を休んでくれた旦那に感謝。
そうそう!旦那の体調はやっと回復した…かな?
今日は随分頑張ってくれました。
だから私も明日からまた頑張らないとね!
そして、長女が早く回復しますように。
さらに、もうこれ以上誰も風邪をひきませんように。
神様、本当にお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強くなかった…

長女の熱は37度後半に下がってきた。
この様子なら熱はもう大丈夫かな?
咳も二日前に比べれば随分よくなったと思う。
ただ、鼻水がすごい。
黄色と言うかアオッパナと言ったらいいのか…とにかく大量に出る。
鼻をかんでもかんでも出てくる。
奥でも詰まってる感じで、寝てるときが特につらそう。
病院で出してもらった薬が明日の朝でなくなるから、明日また病院行き。

さて、前に「私は昔に比べ身体が強くなった」と言ったけど、今朝起きたら喉が痛い。
熱はないけど、どうやら風邪をひいてしまった様子。
とにかくこれ以上ひどくなるわけにはいかない。
ビタミンCサプリ・栄養ドリンク・葛根湯(メーカーに問い合わせたら授乳中でも1,2日なら飲んで大丈夫とのこと)を飲んだ。
なんとかこれで治ってくれ!と思ったんだけど、夜になってもまだ喉は痛い。
喉だけですめばいいんだけどね…。
なんか調子に乗って「身体が強くなった♪」なんて言ってたのが情けない。
とにかく、倒れることなく早く治りますように!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お姉ちゃん大好き

その後、長女の熱は38度~39度をさまよっている。
機嫌はさほど悪くなく、食欲は少ないけど、それなりに食べてるかな?

さて、お昼寝での出来事…。
長女・次女ともに同時に昼寝についた約20分後、長女は急にむせるように激しく咳込んだ。
それと同時に、次女が激しく泣き出した。
長女の咳があまりに激しくて、その声にビックリしたんだと思うんだけど、その後も長女が咳をするたびに、次女は長女の方を見て大泣きする。
ただ単に声にビックリして泣いてるんだろうけど、ひょっとしたら長女を心配してるのかな?なんて思ったり。

次女は長女のことが大好き。
長女が次女の近くに行くと『にこ~っ』と笑う。
そして私が長女のことを叱ると、何故か次女が泣く。
まるで「おねえちゃんを叱らないで」って言ってるみたい。

そんな次女の今一番お気に入りは「おしりフリフリ」。
おかあさんといっしょの曲なんだけれど、この曲を歌いながら足や手を動かしてあげると大喜び。
そしてこの曲は長女も好きだから、私が歌うと長女は踊りだす。
それを見て次女はまた大喜び。
長女も次女が笑うのが嬉しいらしく、最近では一段と張り切って踊りだす。

今日も熱があるっていうのに、長女は「次女とおしりぷりぷり(フリフリと言えない)するの~」とリクエスト。
しばらくは日課のように歌って踊ることになりそう。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

緊急外来

長女の様子は鼻はズルズル、咳はゴホゴホ、熱は39度前後。
だけど元気はありあまって、部屋の中で飛び跳ねたり。
そして体調の悪い時はいつも以上にワガママが炸裂するので、本当に困る。
でも食欲あるし、ぐったりしてたりはしないから、このまま様子見て大丈夫だろうって安心してた。

ところが昨日の夜、長女が起き上がってきたら身体がとても熱い。
どうやら熱で眠れないらしい。
熱を計ってみたら40.3度!
あまり熱を出したことない長女にとって、ここまであがったのははじめて。

解熱の坐薬をさしてあげたくても、今回処方してもらってないから、手元にない。
このまま朝まで様子見るか、今から緊急で連れて行くか…。

迷ったけど、連れて行くことにした。
緊急で見てもらえる場所まで車で20分。
これだけ高熱だとチャイルドシートに座るのもつらそう。
移動方法も色々迷った結果、タクシーで行くことにした。
そして旦那と眠っている次女は家で留守番。

すぐタクシーに来てもらって緊急外来へとんでいった。
まだ風邪のシーズンじゃないからか、ほとんど人はいなくて、あまり待ち時間なく診てもらえた。
そして解熱剤を処方してもらって帰宅。
帰ってきてすぐに飲んで横になった。
すると解熱の効果があらわれたのか、あれだけ眠れなかった長女は眠りについて、しばらくしたら汗をかきだした。
荒かった呼吸もだいぶ落ち着いて、ちょっと一安心。

そして朝、6時に目を覚ましてきた長女。
熱は38度台まで下がった。
食欲は少しあるみたいで、パンや果物を少し口に入れて、薬を飲んだらまた眠ってしまった。
昨日の夜、あまり寝てないから眠いんだよね。

それにしても長女は40度の熱を出しても、随分しっかりしてた。
足取りもしっかりしてたし、人の世話までやいたりして…。
だから前もって病院で解熱を処方してもらっておけば、今回夜中に病院へ走るなんてことしなくて済んだんだよね。
ワザワザ遠いところまで解熱処方してもらって帰ってきて、それだけでも体力消耗して、長女にはかわいそうなことしちゃった。
ごめんね。
早く治るといいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

風邪地獄

次女が咳き込みはじめて約2週間。
ようやく次女は咳が落ち着き始め、症状が軽くなってきた。
これで一安心!…と思ったのに、昨日の夜、長女が熱を出した。

今朝になって熱を計ってみたら38.5度。
鼻水もズルズル、咳もゴホゴホ。
かんっっぺきに風邪をひいた。

とりあえず小児科へ行くことにしたけど、次女を連れて行くかどうしようか迷った。
治りかけている次女はもう病院に行く必要なさそうだから、旦那と家で留守番してもらおうかな?って思ったのだ。

ところが!旦那も同じく38度の熱を出してしまったのだ。
こちらは風邪をひいたというよりは、1ヶ月前にひいた風邪をいつまでもひきずっている様子。
最初にひいた後、熱は下がったんだけど、咳はずっっっと続いてた。
だからいつかはまたぶり返すのかな?って思ってたら案の定。
病院嫌いの旦那も、さすがに今回は行く気になってくれた。

子供が行く病院は小児科専門なので、旦那は別の病院へ。
ということは次女は長女と一緒に私が連れて行くことになるから、だったらついでに経過を診てもらうことにした。

土曜日だからなのか、小児科は激混み。
診察券を出して一旦帰宅。1時間後に出直して診察してもらった。
長女は風邪。次女は経過順調とのこと。
薬を出してもらって帰宅。
とにかく薬を飲んで早く治ってくれるのを祈るのみ。

それにしても約1ヶ月前の旦那からはじまって、ずっと誰かが風邪をひいている状態。
治ったと思うとまた誰かが風邪ひいて…。
そんな中、私は寝込んでいられないという気力からか、ひどい風邪をひくことはなかったからよかった。
昔はすぐに寝込んでいたのに、強くなったな~…なんて自画自賛したりして。(笑)

でもこんだけ家族で風邪が続くと、ちょっとまいる。
正直、今日、旦那と長女が熱出てしまったのは「勘弁して~」と思ってしまった。(ごめんね、二人とも)
これが最後で、二人が回復したら家族全員元気になれることを、本当に心から祈る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

室内遊び

今週は次女の体調を考えて、ずっと家にこもりっきり。
すると困るのが長女の遊び。
家にいるとすぐに「しまじろう見る?」「よしお兄さん(おかあさんといっしょファミリーコンサートDVD)見る?」と、一日中言いっぱなし。
ビデオは基本的に1日1回と決めているので、どんなに長女が要求してきても私は無視。
すると長女は泣き叫ぶし、私はイライラするし、たまらない。
家に置いてあるおもちゃは飽きてしまったのか、ほとんど遊ばなくなった。

そんな長女と1日中どうやって家で遊んだらいいのか…救世主は粘土だった。
以前、リトミックではじめて粘土を触ったんだけど、長女はどうやら気に入ったらしい。
そこでスーパーで安い小麦粘土を買ってきて、はじめてみたら、目がキラキラ☆
なかなか形を作ったりは出来ないんだけど、チギッたり、重ねてみたりするだけで楽しいみたい。
私も下手なりに色んな形を作ってあげると、また大満足♪
大体これで毎日1時間~1時間半は時間がつぶれるので、今週1週間は午前中粘土で遊びまくった。(笑)

午後は折り紙で紙飛行機とかお絵かきとか…気分が乗ってくるとおままごとセットで遊びだしたり。
そして4時になると大好きな教育テレビがはじまるから、そこからはテレビの時間。

1週間閉じこもりきりなんて、絶対ムリって思ってたけど、なんとかなった。
こんなに粘土にハマるとは思ってなかったからビックリ。
粘土に感謝感謝!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今だ決まらない幼稚園

来月最初に願書提出の日が迫っているのに、今だ決められない幼稚園。
候補は3つから2つに絞った。
一番近いA園か、候補の中では一番遠かったB園か。

今日はA園の説明会があったから行ってきた。
説明の間、幼稚園側で別室にて子供を預かってもらえるとのこと。
ママから離れて…大丈夫かな?と思ったら、予想通り大泣き。
やっぱりはじめての場所で離れることは不可能だよね。
泣いたのは長女だけじゃなくて他にも数人。
でもケロッとして幼稚園の先生と遊んでた子も多かった。
未就園教室に通ってるとか、上の子が通ってるから…などなどの理由で幼稚園に慣れている子が多かったみたい。

さて、私から離れられなかった長女は、大人しくしてくれればいいんだけど…そうもいかない。
いろいろ悪さしたり動き回ったりで、私はとても説明を聞いていられるような状況じゃない。
ザッと聞いてた感じだと、大体資料に書いてある補足説明みたいなものだったから、まぁいいや。

帰り際、幼稚園の玄関口で靴を履く頃には、長女はご機嫌。
幼稚園の先生にニコニコ愛想振り撒いて「ばいばーい♪」と笑顔で挨拶。

今日のことでちょっと思ってしまった。
長女はどこの幼稚園でもいいんじゃないかな?
どっちの幼稚園に行ってもそれなりに楽しめるんじゃないかな?
長女というより、私の都合で幼稚園を迷っているんじゃないか…と、思えてきた。

実は今日まではB園に気持ちは傾いていた。
園の雰囲気はなんだかあたたかくて、見学に行ったときもすれ違った全先生が長女に優しく挨拶してくれた。
勉強などのカリキュラムを組まず、のびのびと元気に健やかに…という感じなので、長女もその方が楽しいんじゃないかと思っていた。

でもA園だって、ガチガチの勉強する幼稚園じゃなくて、比較的のびのびしている幼稚園。
B園に比べると多少、英語の授業はないけどアメリカ人講師がいるとか、課外活動でサッカーや体操があるとか、体操指導に力を入れている面があるけど、それ以外ではA園と大差ない気がする。
冷静に考えると、A・B園の特色、特に大きな違いというのは少ないのだ。
園の規模も同じくらいだし、どちらもバスはなく自分での送迎。

B園がいいと思った理由が
 ・毎日送迎の際に先生と話が出来て、園での子供の様子がわかる
 ・週2回の給食はアレルギー対応可。食べられないものは別メニューを用意。(A園は担任の先生が除去。これだと給食によってはすごく量が減ってしまいそう)
 ・オムツがはずれてなくてもいい。
 ・いろんな野菜を自分達で作って育てて収穫なんて楽しそう。
 ・遠足は幼稚園側で近場へ(A園は親子遠足という形。結構遠出)

こうやってあげてみても、やっぱり私の都合でB園がいいと思っている気がする。
特に送迎の際に先生と話が出来るっていうのが、私はいいなって思ってた。
やっぱり園でどうやって過ごしてるとか、子供からじゃ聞けない様子を教えてもらえるっていうのは嬉しい。

他にも細かい理由でB園がいいと思っていたんだけど、長女にしてみればA園もB園も大差ないのかも…。
だったらやっぱり近い方がいいのかな~?
でも………と、本当に決められなーい!!

旦那に相談しても「幼稚園なんてどこでも一緒でしょ?近場でいいじゃん」で、一蹴。
私が優柔不断すぎるのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4ヶ月

今日で次女は4ヶ月になった。
本当なら今日は4ヶ月検診だったんだけれど、次女の咳は相変わらず…。
昨日、小児科でも相談した結果、次の日程で行くことにした。
どのくらい大きくなったか知りたかったら、ちょっと残念でもあるけど、仕方がない。
まぁ体重量らなくてもしっかり丸々してきたのは見てわかるけど。(笑)

今のとこ、まだ寝返り打つ気配はない。
長女の寝返りは五ヶ月過ぎた頃だった。
次女もそんなくらいじゃないかな?なんてのんきに構えているんだけど、下は早いっていうから、案外気がついたら…なんてこともあるかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

次女の咳

先週から次女がコンコンと咳をしはじめた。
最初は「また風邪ひいたな」と思って軽くみてたんだけど、眠ってても咳き込んで起きてしまったりしたので「これはやばい」と思って、先週の水曜夕方に病院へ行って来た。

そして薬を出してもらって様子を見てたんだけど、一向におさまる気配なし。
その理由は…長女につき合わせての外出が一番大きいかも。

長女の時は「外に出したらかわいそう」「早く治ってね」と、大事に家で様子を見てたのに、次女になるとつい「少しくらい大丈夫」とか、家にいると長女がストレスたまって機嫌悪くなるから…と、午前中外出することが多かった。

そんなことをしていたら、咳がおさまらないだけじゃなくて、母乳の飲みも悪いし、当然身体がつらいだろうから、機嫌も悪い。
そんな次女の様子を見て、さすがに反省。
今日、また病院に行って五日分の薬を出してもらった。
これを飲んで、今週は最低限の買い物以外、どこにも出かけないようにしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

生協

次女を出産する前までは、毎日長女と買い物に行っていた。
でも次女が生まれてからは、さすがに毎日二人連れて買い物はつらい。
なので生協の宅配を利用することにした。

週に1回(うちは月曜日)品物を届けてもらえる。
なので毎回、1週間分の献立を決めて、それに必要な材料を注文。
最初はイチイチ1週間分の献立考えるのめんどくさい…って思ってたんだけど、なれると便利。

お米とかミネラルウォーターの箱買いとか、普段なら重くて大変なものも、家まで届けてもらえるんだから、買いやすい。
献立も最初に考えてしまえば、あとは毎日作るだけだから、毎日「今日はどうしよう~」って考えなくていいのもラク。

それにまとめ買いすれば、節約になる!…と思ったのは計算外。
毎日買い物に行っていた頃、ついつい毎日お菓子の誘惑に負けて買っていた私。
まとめ買いにしてスーパーに行かなくなれば余分なものを買わなくて済む→すなわち節約になる。…と、思った。

ところが宅配のカタログには誘惑がいっぱい。
食品だけじゃなくて、消耗品や雑貨、子供用品まで載っている。
ついつい「あ、これ、便利そう」と買ってしまったものがいくつか…。
節約できるどころか、かえって浪費しているんじゃないかと思う、今日この頃。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だから虫は嫌いなんだってば

娘たちを寝かせていたら、つい私と旦那も一緒に眠ってしまって、私が目を覚ましたら夜の11時だった。
休日はいつも、旦那が娘たちをお風呂に入れてくれるので、私は娘たちが寝付いてからのんびり入ることにしている。
でも今日みたいに疲れている時は、先に入っておかなかったことを後悔。
とにかくサッと入ってサッと寝てしまおう…とお風呂の準備に取り掛かった。

まず化粧を落とそうと思って洗面所に向かったら、自分の足元少し先でサササッと動く気配。
思わず夜遅いのに「うわぁぁ~~~っっ!!!」と、叫んでしまった。
正体はクモ!それもものすごく足が長くて、全体で手のひらくらいありそうな大きなクモ!!

私は虫大っ嫌い!
結婚前はそれこそ小さなクモでもキャーキャー言って、母親にすべて処理してもらってた。
でも結婚して、当然母親には頼れず、旦那はというと…どうも私と同じかそれ以上に虫、得意じゃないことが判明。
旦那の退治方法は、とにかく殺虫剤。キンチョールをひたすら噴射。
それで退治できるときはいいけど、逃げられることも多い。
それに天井・壁・床・空間とひたすら噴射しまくるので、その後、その場所を子供たちが触ったりするのが心配で、あまり噴射しまくりというのは賛成できない。
そんなわけで、今じゃすっかり小さな虫は私が退治するようになってしまった。
おかげで小さなクモくらいなら、ビニール袋やティッシュでサッとつかまえて、外に放すくらいの余裕はある。

でも今回のはムリ!!
だってものすごく大きい!!

こういう場合はどうやって退治したらいいのか…。
叩きつけるのも逃げられる可能性高いし、やっぱり殺虫剤なのかな?

そう思ってとりあえず殺虫剤を持って巨大蜘蛛に接近。
でもクモのほうも気配を察知するのか、近づくとササッと逃げる。
逃げて見失うのも怖いので、なるべく動かず近くで観察。

しばらくしてから少しずつ近づいて、一気にクモめがけて噴射!
すると噴射した瞬間は止まるけど、すぐにまた動き出す。
そこへまた噴射し続けたけど、キンチョール…どうやら効かないみたい。

そこですぐに泡のハンドソープを手にして、クモにふりかけた。
これが効果あったみたいで、クモは動かなくなった。
なんとかしとめられて一安心!
前のムカデもそうだったんだけど、泡の洗剤って殺虫剤より効果ありそう。

時間にしておよそ10分の戦い。
とにかく仕留められてホッと一息。
正直、クモが大きかっただけに、虫嫌いの私としてはものすごく怖かったし、泣きたい気分。

しばらくしてから、旦那が目覚めて起きてきた。
コトの始終を話したんだけど、旦那は無関心。
あんなに怖くても頑張って戦ったのにーーーっっ!!

なんだか一人でバタバタして…むなしいなぁ。
でも見逃してたらまたいつ現れるかわかんないし、退治できたのはよかった。
うんうん、頑張ったよね、私!
(…旦那がほめてくれなかったから、自画自賛(笑))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

布団乾燥機

一ヶ月前、念願の布団乾燥機を買った。
何故欲しかったかと言うと、今住んでいるアパート、1階ということもあって、布団を干すベランダがないのだ。
なので引っ越し当初に、折りたたみ出来る布団干しを買ったんだけど、1枚しか干せないし、つくりがもろいので少しでも風が強いと倒れてしまって布団が汚れる。

そんなわけでなかなか思うように外で布団が干せないところに、通販で布団乾燥機を見つけて欲しくなった。
旦那におねだりして、結婚記念日のプレゼントとして買ってもらった。

買って早速使ったんだけど、その頃、まだ暑い時期で、使うと室内に熱気がこもってものすごく暑い。
そんなわけで、実は買ってから布団乾燥機としては1度しか使ってない…。
だけど布団乾燥機、我が家に来てから大活躍なのだ。

それは…衣類乾燥。
この布団乾燥機には、少量だけど衣類乾燥も出来るカバーがついていた。
1回に2時間かかるんだけど、これが気持ちよく乾いてくれる。
なので今日みたいに雨の日は一日中フル稼働で衣類乾燥。
プラス除湿機もフル稼働で、衣類乾燥できない大物なんかは除湿機で乾燥。
この二つの器械のおかげで夜には洗濯物がすべて乾いた状態。
それだけで何だかスッキリした気分。
本来の使用用途としては使ってないんだけど、我が家ではただ今布団乾燥機が大活躍中。
でも、電気代がちょっと怖い…。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オムツ…はずすべき!?

いまだに迷っている来年から通う幼稚園。
今日は3つの候補のうち、一番近所の幼稚園へ見学に行ってきた。
雨降ってたけど、娘には雨合羽着せて歩いていった。
確かにここの幼稚園なら雨降っても近いし、そんなに苦痛じゃないかも。

幼稚園の規模としては中くらいかな?
マンモスではないし、かといって小規模って言うほど小さい園でもない。
見た感じは明るくて綺麗な園だし、いいと思う。
園の方針は…のびのびというよりは、キッチリしてるかな?
お勉強!っていうほどキツくはないけど、ある程度のカリキュラムでやっていく方針みたい。

さて、この園に通うには一つ条件がある。
それは入園までにオムツをはずさないといけないらしい。
現在、長女のトイレトレは完全に行き詰まっている。
寝起き・お出かけ前・お風呂前にトイレへ行ってすることは出来るけど、それ以外のトイレは断固拒否。
前回のトラウマもあって、私も無理強いはしたくないから、ついつい「次はちゃんとトイレでするんだよ」と言うだけで終わってしまう。

それをここの幼稚園に話したところ「(長女の)この月齢ならオムツははずしてあげないと!みなさん、入園する時にははずれてきますよ」と言われてしまった。
「一体、いつはずす気なんですか?」と聞かれたから
「いつって…気長に娘が自発的にトイレいけるようになったら…」と答えたら、呆れられてしまった。

とにかくここの幼稚園に通うつもりなら、オムツははずさないといけない。
まだ入園まで半年あるから、頑張ればオムツ卒業できるかもしれない。
でも半年というタイムリミットがあると、私がプレッシャーを感じてイライラしちゃいそうでこわい。

どうしたらいいのか…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

口癖

最近、長女は何かと言うと「だって…欲しいんだもん」と言う。
本当に欲しいものがあるときも、特に何も欲しくなくても言う。
一体、なんなんだろう?って思ってたんだけど、思い当たるものに最近、気づいた。
それは『しまじろう』。
確か先月かその前の月の絵本で、しまじろうがお買い物に行く時におやつが欲しくて「だって…欲しいんだもん」という台詞がある。
印象深いのか、長女はやたらとこれを連呼する。

他にも「えー!?どうしてー!?」を連発。
これにも困ってて、夕食作ってて
「ママ、何してるの?」
「夕飯作ってるの、カレーだよ」
「えー?どうしてー?」

という具合に、すべてにおいて「えー?どうしてー?」と言う。
本当に疑問に思ってるわけじゃなくて、ただ単に言ってることがほとんど。
答えられる質問ならいいけど、たとえばテレビ見てて、出てきたキャラクターを
 「これ、何?」と聞くから
 「○○だよ」と答えると、
 「えー?どうしてー?」

…「どうして?って言われても、○○だから○○だよ」

としか、答えられない。
こういうのは本当に困る。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »